EDI標準化仕様

  • 前のページへ
  • 次のページへ

第1章 家電業界における流通情報化への取り組み

「第1章2」 ダウンロード(564KB)PDFで開きます

2. 家電業界EDI標準化の変遷

*<>内コメント;導入事由

1986年 4月
・統一商品コードの制定(JAN標準・短縮コードの採用)
<企業間の情報精度の向上、情報速度の向上、情報化の促進>
4月
・ソースマーキングの実施(JANバーシンボル・OCR用文字併記)
<インストアマーキングの手間削減、取引情報精度向上>
4月
・商品コード伝達システム稼動
<統一商品コード(JANコード)の普及・伝達>
8月
・統一伝票E様式の制定
<企業間の標準化による合理化、EDI受発注の促進、プリンターセッティングの手間削減>
9月
・受発注データ統一フォーマットの制定
<企業間の標準化による合理化、精度向上、迅速化>
1987年 6月
・納品・請求・支払データ統一フォーマットの制定
<企業間の標準化による合理化、精度向上、迅速化>
1988年 3月
・「家電業界におけるビジネスオートメーションへの対応(イエローブック)」初版発行
4月
・E-VAN(家電VAN)稼動
<企業間データ交換の促進、業界全体の効率化・合理化>
1990年 6月
・型式(型番・品番)設定のガイドライン制定
<統一商品コード補完のための色・Hzの標準化>
6月
・「家電業界におけるビジネスオートメーションへの対応(イエローブック)」第2版発行
7月
R-VAN(リアルタイム家電VAN)フォーマットの制定
<発注・在庫照会のリアルタイム化>
1991年 9月
・R-VAN(リアルVAN)稼動
<発注・在庫照会のリアルタイム化>
1993年 4月
・商品情報伝達システム稼動(商品コード伝達システム停止)
<メーカー保有商品マスターの伝達、流通企業各社の省力化>
1994年 4月
・統一伝票E様式の改訂
<業務の標準化、データ交換フォーマットの整合性>
1995年 4月
・FAX-OCR 様式の制定
<受発注業務の効率化・コスト削減>
1996年 7月
・「家電業界における流通情報化への取り組み(イエローブック)」第3版発行
1999年 4月
・JD-NET(新・商品情報伝達システム)稼動
<流通企業各社の販促活動の合理化・効率化の促進>
4月
・「家電業界における流通情報化への取り組み(イエローブック)」第4版発行
2002年 2月
・R-Web(家電Web受発注システム)統一フォーマットの制定
<発注業務コストの低減、EDI受発注の拡大>
5月
・実売データ、在庫データ、納品結果データ統一フォーマットの制定
<企業間の標準化による合理化、精度向上、迅速化>
6月
・R-Web(家電Web受発注システム)稼動
<発注業務コストの低減、EDI受発注の拡大>
2003年 3月
・商品情報伝達システム停止
<JD-NETへ移行>
4月
・E-VAN の新IPネットワークを採用
<VAN 料金の低廉化、高速通信化、高セキュリティ化>
・.com Exchangeの適用
2004年 1月
・移動データ統一フォーマットの制定
<売上管理の精度向上と省力化>
6月
・「家電業界における流通情報化への取り組み(イエローブック)」第5版発行
2006年 10月
・流通BMSの共同実証が開始される
2009年 1月
・新商品情報システム(JD-NET)の内容を刷新し稼動開始
2012年 11月
・流通BMSの対応
2015年 4月
・拡張E-VAN(拡張家電 VAN)制定
ポップアップアイコンポップアップアイコン
新しいウィンドウでページを開きます。
PDFアイコンPDFアイコン
PDFファイルへリンクしています。