EDI標準化仕様

  • 前のページへ
  • 次のページへ

第2章 E-VAN標準化内容

「第2章1」 ダウンロード(520KB)PDFで開きます

1.標準化共通項目

(1)データ一覧

■E-VAN(家電VAN)

【有無】○…あり、×…なし

No
データ内容
サイクル
作成元
ファイル
ヘッダ
伝票ヘッダ
明細
レコード
合計
レコード
レコード長
流通
メーカ
有無
データ
種別
有無
データ
区分
有無
データ
区分
有無
データ
区分
128
256
1
受発注
 
01
01
01
×
×
2
納期回答
 
02
×
04
×
3
納品
 
02
×
02
×
4
欠品
 
02
×
03
×
5
納品結果
 
12
×
12
×
×
6
請求
伝票単位
 
×
05
05
05
明細単位
06
06
06
7
支払
伝票単位
 
×
07
07
07
明細単位
08
08
08
8
実売
 
11
×
11
×
×
9
在庫
日・週
 
10
×
10
×
×
10
移動
 
13
×
13
×
×

■拡張E-VAN(拡張家電VAN)

【有無】○…あり、×…なし

No
データ内容
サイクル
作成元
ファイル
ヘッダ
伝票ヘッダ
明細
レコード
合計
レコード
レコード長
流通
メーカ
有無
データ
種別
有無
データ
区分
有無
データ
区分
有無
データ
区分
1
受発注
 
01
01
02
03
01
×
384
2
納品
 
02
×
02
×
570
3
納品結果
 
12
×
12
×
364
4
請求
伝票単位
 
05
×
05
05
577
5
支払
伝票単位
 
07
×
07
07
577

(2)諸コード体系

[1]
商品コード
商品コードは「家電製品の統一商品コード(JANコード)」を使用します。「集合梱装用の商品コード(ITFコード)」は当面使用しません。
尚、2007年3月から日本で採用される14桁のGTINについては、商品に表示しているバーコードシンボルと一致する下13桁(先頭の1桁を除外した従来のJANコード)をセットする事で対応します。
[2]
取引先コード
制御電文、ファイルヘッダー、伝票ヘッダー等で使用する取引先コードは流通コードセンターに登録された「共通取引先コード」を使用します。
[3]
伝票区分
各種データにおける伝票区分は以下の通りです。
 
受発注
納期回答
納品
欠品
納品結果
請求・支払
コード
内容
伝票
ヘッダー
明細
レコード
明細
レコード
明細
レコード
明細
レコード
全て
01
通常発注又は通常出荷
○(受注)
○(出荷)
○(出荷)
○(出荷)
 
○(出荷)
02
預け品出荷
 
 
03
預け品計上
 
 
 
 
04
返品
 
 
 
 
06
その他請求
 
 
 
 
 
07
その他控除
 
 
 
 
 
08
割戻し(値引)
 
 
 
 
 
09
逆割戻し(値増)
 
 
 
 
 
11
通常入荷
 
 
 
 
 
12
預け品入荷
 
 
 
 
 
13
預け品計上
 
 
 
 
 
99
受注欄にて”01”か”02”か判断
 
 
 
 
 

(3)全銀手順でのファイル名

No
データ内容
レコード長
(バイト)
ファイル名
(通信制御電文にセット)
メッセージ
識別コード
1
受発注
128
EVAN001S0000
EVAN001S
2
納期回答
128
EVAN004S0000
EVAN004S
256
EVAN004D0000
EVAN004D
3
納品
128
EVAN002S0000
EVAN002S
256
EVAN002D0000
EVAN002D
4
欠品
128
EVAN003S0000
EVAN003S
256
EVAN003D0000
EVAN003D
5
納品結果
256
EVAN012D0000
EVAN012D
6
請求
伝票単位
128
EVAN005S0000
EVAN005S
256
EVAN005D0000
EVAN005D
明細単位
128
EVAN006S0000
EVAN006S
256
EVAN006D0000
EVAN006D
7
支払
伝票単位
128
EVAN007S0000
EVAN007S
256
EVAN007D0000
EVAN007D
明細単位
128
EVAN008S0000
EVAN008S
256
EVAN008D0000
EVAN008D
8
実売
256
EVAN011D0000
EVAN011D
9
在庫
256
EVAN010D0000
EVAN010D
10
移動
256
EVAN013D0000
EVAN013D

(4)JCA手順の制御電文フォーマット

No
項目
タイプ
開始位置
桁数
(バイト)
内容
1
ID
×
1
2
センターアプリケーション識別子 コンスタント“AA”
2
要求区分
9
3
2
制御電文の識別子
“01”開始要求電文
“02”再送要求電文
“03”終了要求電文
“90”終了電文
3
電送年月日
9
5
6
西暦表示(yymmdd)
4
パスワード
センターコード
9
11
6
送信側の共通取引先コード
ステーションコード
9
17
8
受信側の共通取引先コード *1
識別子
×
25
6
任意(原則はオール“0”とする)
5
データ種類
9
31
2
*2 を参照
6
データカウント(1)
9
33
6
端末の受信件数
7
データカウント(2)
9
39
6
センターの当日送信全件数
(要求区分“90”で使用)
8
処理区分
×
45
2
通常はスペース
“NG”パスワードエラー時
“NO”送信ファイル無し
“ST”その他送信側異常
9
余白
×
47
82
or
210
使用不可(スペース)
*レコード長が128バイトの時・・・82バイト
レコード長が256バイトの時・・・210バイト

JCA手順の制御電文フォーマット

(5)統一フォーマット化の考慮点

[1]
データ項目の必要性の明確化
各データ項目に対して、〇…必須、△…任意、×…不要の区分を設定し、運用のガイドラインを明示しました。
[2]
自由使用欄の設定(2社間でのみ有効)
流通企業とメーカーの2社間で双方合意すれば使える自由使用欄を設定しました。
ポップアップアイコンポップアップアイコン
新しいウィンドウでページを開きます。
PDFアイコンPDFアイコン
PDFファイルへリンクしています。